忙しい時の解決策として「採用」は間違っている場合も多い

社内インフラを整え業績向上につなげる実務コンサルティングサービス

忙しい時の解決策として「採用」は間違っている場合も多い

経理や事務が忙しい、、そんな時、解決策として、「採用」がまず浮かぶと思います。

ですが、ただ人を入れて解決するほど、事務仕事って簡単ではありません。

逆に、混乱している現場も多いのです。

 

現在の仕事の忙しさ、が、現状のメンバーがしっかり仕事ができたうえで忙しいのであれば

人を採用してもうまくいきます。

それは、仕事の役割分担ができているから、この仕事をしてもらおう、と思って採用することになるので、

入社した方も、仕事を覚えやすく、やりやすく、自分の仕事が会社にどう役立っているかがわかるので継続性もあがります。

 

一方で、とりあえず入社させる。その場合は普通の人材である場合がほとんどです。

管理職でもなければ、指示をまつ社員さんです。

その場合、管理職がしっかりと業務を教え、役割分担をしていかないと

「仕事を教える」その教え方が分からないので、とりあえず仕事をさせるため

教えずにできる単純作業、先輩が面倒と感じる作業、作業をさせていきます。

そのうち覚えるだろう、、、と。

いやいや、、、つじつまの合わない単純作業の繰り返しで、覚えれることは、会社への不満だけでしょう。

 

下の事例のように、とにかく人を入れれば解決できる!と思っている会社は

中々人が育たず、仕事を覚えず、考えて仕事ができない傾向が多々あります。

 

ですので、忙しい=採用 は、経営者として、リスクも費用も抱えることになるのに判断としては男前かもしれませんが

部下を観察してみてください。

現状、どちらでしょうか?

下かも、、、と思われる会社さんは、まずは 現状の業務の把握と改善をしてみると

人を採用しなくてもいい、という選択肢が出てくるかもしれません。

もしくは、管理職を先に育てる方が組織はうまくいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright ©  FREE CREATE All Rights Reserved.